Day: 2017年4月10日

塾の様子。

 

受験が終わると教室が少しさみしくなる。

受験生は毎日のように塾に来て勉強するのは当然と言えば当然。

でも、この時期でもコンスタントに授業+自習で勉強時間をしっかり確保できる生徒はすばらしい。

それが自発的にできるのだから、なおさらすごい。

 

まあよくがんばること。

 

小学生にアドバイスすると素直にその通りにしてくれるのはうれしい。

その分、責任の大きさを実感する。

中・高生にアドバイスしてもなかなか聞き入れてくれない。

何度「わからんくなったら図をかくんやで」といってもかいてくれない。

かけるのにかかずにわからないとおっしゃる。

「そりゃ、わからんわ」という感想しかない。

小学生は、頑張ってかいてくれる。

中学校、高校にいっても今やってることを忘れずに続けてほしい。

はじめは辞書を引くのを面倒くさがっていた小学生も、今は勝手に辞書をとってきて調べてる。

調べた言葉を自分の言葉で説明するというステップに進んでいる。

なんでも自分の言葉で説明できるようになれば言うことなし。

 

ひととおり説明する。

ボク「わかった?」

生徒「わかった。」

ボク「どういうことか説明して。」

生徒「えーと・・・。わからん。」

ボク「」

みたいなことはよくある。

 

ちゃんと理解しているところはどの学年であっても、たどたどしくても自信を持って説明してくれる。

そこまでみんながんばってみよう。

 

そこまで行くには、今やっていることが「簡単」と思うようになるまで練習。

そのうえで、少し難しい問題に挑戦。

今までやってきたことをこうやって使うのかと納得。

できるようになれば少しずつレベルを上げていく。

そして振り返ってみて改めて理解することもあり、人に説明できるレベルに達します。

 

勉強でもなんでも、続けること、前へ進むことが大切。

止まってしまうと確実に後退します。

現状維持ではなく、後退です。

自分のやっていることがあっているのか、間違っているのか不安になることもあると思います。

それでも前に進むしかないのです。

命にかかわる時はすぐ逃げてください。

そうでなければ、行けるとこまで行ってみましょう。